PowerPoint2016

PowerPoint2016には、PowerPoint2013以前の機能はもちろん、機能拡張が追加されており、配布資料およびプレゼンテーションデータの作成を効率的に、見栄え良く作成することができます。

従来のPowerpointとPowerpoint2016の違い

新しくなったインターフェース、共同編集する機能、OneDriveへの統合など、今までのPowerPointと新しくなったPowerPoint2016の違いを確認しましょう。

01. Powerpoint2016の新機能

  • 画面録画

    画面の録画ができるようになりました。挿入タブの画面録画ボタンから、録画する部分を画面で選び、必要な部分をキャプチャしてプレゼンテーションに直接挿入します。※この機能は、PowerPoint 2013の最新版の更新アップデートをインストールしている場合にも使用できます。

  • 新しい6種類のグラフ

    PowerPoint2016では、6つの新しいグラフが追加されています。この6つのグラフは、データの統計プロパティを表すために最もよく使用されるデータ視覚エフェクトの作成に役立ちます。

新機能に関する記事一覧

02. Powerpoint2016の基本操作

プレゼンテーションの作成やスライド挿入、スライドレイアウト、書式設定といったPowerPoint2016の基本操作を解説

03. 書式設定

文字書式(サイズ、種類変更、ルビ、文字間隔など)、段落書式(箇条書き、行間設定、インデントなど)

04. オブジェクト・デザイン

図形、写真などの画像挿入からPowerPointで表作成、さまざまなグラフといったオブジェクトの詳細設定までを詳しく解説

05. 画面切り替え・アニメーション

スライドの切り替え時の動きを設定する画面切り替え効果、テキストやオブジェクトに動きをつけるアニメーションの設定

06. スライドショー

スライドショーを実行し、プレゼンテーションをより効果的にするための機能をご紹介

07. スライドマスター

プレースホルダの役割からスライドマスターを活用したスライドデザインを効率的に管理する方法を詳しく解説

08. プレゼンテーション

ユニバーサルデザインを考慮したスライドデザインから「魅せる、伝わるプレゼンテーション」テクニックを解説

09. ショートカット

PowerPointを使用したデータ作成をより効率的にするショートカット機能一覧をご紹介

10. Powerpoint2016 for Mac

PowerPoint2011から新しくなったPowerPoint2016 for Macは、Windows版PowerPointとほぼ同じインターフェースとなり刷新されています