Excel2016基本操作Excelの相対参照についてわかりやすく解説!

Excel2016

Excelの相対参照についてわかりやすく解説!

Excelのセルに数式を作成する際、「相対参照で数式を作成する」「絶対参照で数式を作成する」「複合参照で数式を作成する」と3つのパターンがあります。

数式を作成すると、何も指定しなければ相対参照で作成されますが、参照を指定するというのはどういう意味なのかも解説します。

Excelで作成する数式とは何か


数式とは、セル内に四則演算を使用してつくられた計算式のことを言います。
四則演算は乗算や除算、べき乗などがありますが、演算子を以下にまとめてみました。
また、数式を作成するときにはセル内にイコール(=)を入力してから数式を作成します。

演算の種類演算子数式の例
加算
足し算

プラス
=A1+A2
=7+6
減算
引き算

マイナス
=A1-A2
=7-6
乗算
掛け算

アスタリスク
=A1*A2
=7*6
除算
割り算

スラッシュ
=A1/A2
=6/3
べき乗
◯乗

キャレット
=A1^A2
=2^2

そもそも相対的というのはどういう意味なのか


相対的という言葉を辞書で調べると、「他との関係において成り立つさま。また、他との比較の上に成り立つさま。」と書いてあります。
わかりやすく言うと「それと比較して」といった感じでしょうか。

例えば、車で時速100kmで移動していたとします。
となりの車が時速90kmだったとすると、相対的に自分の車が10km速く動いているということになります。
これが相対的という意味です。

相対参照で作成する数式はコピーすると式がズレていく


それでは、相対参照で式を作ってみましょう。
例えば、「単価×数量」といったような場合には相対参照で作成するケースが多いです。
下図では、E6セルに部署ごとの「取引単価×件数」を相対参照で作成した例です。

Excelの相対参照例
このような数式を作成した際、オートフィル機能を使って数式をコピーします。

Excelの相対参照をオートフィルでコピー
相対参照指定した数式をコピーすると、数式がズレます(対象となるセルが下に移動するので、数式に指定された参照式も自動的に変更される)。

数式の参照方法は3つあります


数式の参照方法は、この記事で解説をしました相対参照の他に、常に固定される絶対参照と、相対参照と絶対参照を組み合わせた複合参照の3つの参照方法があります。

絶対参照についてはこちら
複合参照についてはこちら

AUTHOR著者情報

富田一年(Tomita Kazutoshi)株式会社アイクラウド代表取締役

大学卒業後、大学生向けにコンピュータ、資格関連などの教育に従事。
その後、企業向けの研修講師、企業内のウェブマーケティング/制作責任者、ECサイト運営責任者を経て独立。

■2011年 株式会社アイクラウドを設立。
「コンピュータとインターネットをすべてのひとが利活用できる生活を」経営理念とし、Web解析や企業向けの教育ビジネスを展開。

富田一年(Tomita Kazutoshi)の投稿一覧を見る
富田一年(Tomita Kazutoshi)

RELATED関連記事

Excel2016とExcel2010の違いを解説!新機能も。

Excel2016とExcel2010の違いを解説!新機能も..

72977 views

Excelの基本関数をまとめてみました

Excelの基本関数をまとめてみました

4975 views

Excel2016の新グラフの種類と使いかたを解説!

Excel2016の新グラフの種類と使いかたを解説!

15362 views

Excel2016のショートカット一覧(基本操作、ダイアログボックス表示):Ctrlキー編

Excel2016のショートカット一覧(基本操作、ダイアログ..

12518 views

PICK UPおすすめ記事

RECENT新着記事