Excel2016新機能Excel2016新機能、予測シートはとっても便利!!

Excel2016

Excel2016新機能、予測シートはとっても便利!!

Excel2016の新機能として「予測シート」があります。
予測シート機能とは、履歴時間ベースのデータがあり、その時間に関するデータを使用し予測を作成することができます。予測を作成すると、履歴値と予測値の表と、このデータを示すグラフを含む新しいワークシートが作成されます。

Excel2016の予測シートを使ってみよう


例えば、以下のような表を作成し、予測シート機能をつかう手順はこのような感じになります。

手順1)表を作成する


Excel2016の予測機能
※注意点
タイムラインの各データポイントは、一定間隔であることが必要です。
たとえば、毎月1日の値を使用する月単位の間隔や、年単位の間隔、数値の間隔などが一定間隔でないと予測することができません。

手順2)予測シートボタンをクリック


予測機能は、[データ]タブ→予測グループ→予測シートから操作をします。

Excel2016新機能、予測シートのボタン

手順3)予測ワークシートからグラフの指定


[予測ワークシートの作成]ウィンドウが開きますので、折れ線グラフまたは縦棒グラフを選びましょう。画面下に[予測終了]ボックスがありますので、予測する終了日を選び、[作成]をクリックします。

予測ワークシートの作成設定画面
そうすると、履歴値と予測値の表とこのデータを示すグラフを含む新しいワークシートが作成されます。

Excel2016新機能の予測シート:折れ線グラフ

予測の詳細設定を変更する[オプション]について


予測機能のオプションは以下のようなものがあります。

Excel2016新機能、予測シートのオプション設定
予測オプション説明
予測開始予測を開始する日付を選びます。 履歴データの最終ポイントより前の日付を選ぶと、開始日より前のデータのみが予測に使用されます (これは、"ハインドキャスト" と呼ばれることもあります)。

<ヒント>
予測を履歴の最終ポイントより前に開始すると、予測系列を実際のデータと比較できるため、予測の精度の信頼性が上がります。 ただし、予測を開始するポイントが早すぎると、生成される予測は、必ずしも履歴の全データを利用して得られる予測を反映するものではなくなります。 すべての履歴データを使用したほうが、より正確な予測を得ることができます。

季節が限定されたデータの場合は、履歴の最終ポイントより前に予測を開始することが推奨されます。
信頼区間[信頼区間] のオンとオフを切り替えて、信頼区間を表示または非表示にします。 信頼区間とは、予測に基づいて将来のポイントの 95% がその範囲に含まれると想定される、各予測値を囲む範囲です (正規分布を使用)。 信頼区間によって、予測の精度を把握できます。区間が小さいほど、特定のポイントにおける予測の信頼度が高いことを意味します。95%という信頼度の既定レベルを、上矢印と下矢印を使って変更できます。
季節性季節性は、季節パターンの長さを表す数値 (ポイント数) であり、自動的に検出されます。たとえば、年ごとの販売サイクルで各ポイントが月を表す場合、季節性は 12 です。 [手動設定] を選んでから数字を選ぶと、自動検出の設定を上書きできます。

注 季節性を手動で設定する場合、2 サイクルの履歴データより小さい値を使用しないでください。2サイクルより小さい値にすると、季節性コンポーネントを特定できません。 季節性がアルゴリズムで検出できるだけの十分な数でないと、予測は連続データに戻ります。
タイムライン範囲タイムラインで使用される範囲をここで変更します。 この範囲は、[値の範囲] と一致している必要があります。
値の範囲値の系列で使用される範囲をここで変更します。 この範囲は、[タイムライン範囲] と同一である必要があります。
見つからない点の入力方法見つからない点を処理する場合は、補間法が使用されます。つまり、見つからない点が 30%未満であれば、見つからない点は近隣の点の加重平均として入力されます。加重平均ではなく、見つからない点をゼロとして扱う場合は、一覧の [ゼロ] をクリックします。
重複する集計の方法データに同じタイムスタンプを持つ複数の値が含まれている場合は、その値の平均が算出されます。 [中央] などの別の計算方法を使用する場合は、一覧から計算方法を選びます。
予測統計情報を含める予測の追加の統計情報を新しいワークシートに含める場合は、このボックスをオンにします。 このボックスをオンにすると、FORECAST.ETS.STAT関数を使って生成された統計の表が追加されて、平滑化係数 (Alpha、Beta、Gamma) やエラー メトリック (MASE、SMAPE、MAE、RMSE) などの測定値が含められます。

予測シートは、時間軸のあるデータを元に、その後の予測を出す機能です。
ぜひ使ってみてくださいね。

その他のExcel2016新機能一覧はこちらをご覧ください。



AUTHOR著者情報

富田一年(Tomita Kazutoshi)株式会社アイクラウド代表取締役

大学卒業後、大学生向けにコンピュータ、資格関連などの教育に従事。
その後、企業向けの研修講師、企業内のウェブマーケティング/制作責任者、ECサイト運営責任者を経て独立。

■2011年 株式会社アイクラウドを設立。
「コンピュータとインターネットをすべてのひとが利活用できる生活を」経営理念とし、Web解析や企業向けの教育ビジネスを展開。

富田一年(Tomita Kazutoshi)の投稿一覧を見る
富田一年(Tomita Kazutoshi)

RELATED関連記事

Excel2016のショートカット一覧(基本操作、ダイアログボックス表示):Ctrlキー編

Excel2016のショートカット一覧(基本操作、ダイアログ..

12921 views

Excel2016のショートカット一覧:ファンクションキー編

Excel2016のショートカット一覧:ファンクションキー編

15701 views

絶対参照($マーク)で数式を固定する方法を解説!

絶対参照($マーク)で数式を固定する方法を解説!

5401 views

複合参照指定で効率良く数式のコピーをする方法

複合参照指定で効率良く数式のコピーをする方法

2981 views

PICK UPおすすめ記事

RECENT新着記事