Word2016Word2016 for MacMac版Word2016とWord2011の違いまとめ

Word2016

Mac版Word2016とWord2011の違いまとめ

Mac版のWord2016がリリースされましたが、前バージョンのWord2011との違いについての記事をExcel2016 for MacPowerPoint2016 for Mac同様にまとめてみました。

Office2016の概要については「Mac版Excel2016とExcel2011の違いまとめ」の冒頭で書いていますのでそちらをご覧ください。

Word2016 for MacとWord2011 for Macとの違いまとめ


Excel2016もPowerPoint2016も同様ですが、今まではWindows版とMac版のタブやメニュー位置・操作が異なっていたので使いづらい印象がありましたが、Office2016になってからはそれらが統一されたため、Windows版で操作慣れしているユーザーでもまったく問題なく操作ができるようになりました。

その1.アイコンの違い


今まではWindows版とMac版のアイコンは異なっていましたが、Office2016からは同じになりましたね。

Word2011のアイコン
Word2011のアイコン

Word2016のアイコン
Word2016のアイコン

その2.画面の違い


Word2011とWord2016の画面(上:Word2011、下:Word2016)
Word2016とWord2011の画面の違い
ExcelとPowerPoint同様、Word2016はRetinaディスプレイ対応となっているため、ボタン群をはじめとするインターフェースが鮮明で綺麗です。Word2011は対応していないのでギザギザ感があり、見辛い印象を受けます。

その3.デフォルトフォントが変わりました


Excel2016とPowerPoint2016は「游ゴシック Regular (本文)」とゴシック体ですが、Word2016は「游明朝 Regular (本文)」となり明朝体です。
ちなみにWord2011のデフォルトフォントは「MS明朝(本文)」です。

Word2011とWord2016のデフォルトフォント(左:Word2011、右:Word2016)
Word2011とWord2016のデフォルトフォント

その5.タブの違い


Word2011からWord2016になってタブが一部変更されています。
Word2011にあった文書パーツタブ、タブ、グラフタブ、SmartArtタブは無くなり、Word2016には挿入タブ、デザインタブ、参照設定タブ、差し込み文書タブ、表示タブが追加されています。

Excel2016やPowerPoint2016に比べて、Word2016はタブの内容がもっとも変更されています。

Word2011のタブ一覧
Word2011のタブ一覧
  1. ホームタブ:ホームタブ:文字書式、段落書式など基本的なメニュー
  2. レイアウトタブ:印刷の向きやサイズ、余白の設定などに関するメニュー
  3. 文書パーツタブ:表紙の挿入、区切り(セクション区切りや改ページなど)、ヘッダー/フッターなどに関するメニュー
  4. 表タブ:表の挿入、表のレイアウト、デザインの変更についてのメニュー
  5. グラフタブ:グラフの挿入、グラフのレイアウト、デザインの変更についてのメニュー
  6. SmartArtタブ:SmartArtグラフィックの挿入、編集、SmartArtスタイル(見栄え)に関するメニュー
  7. 校閲タブ:コメントの挿入/削除、変更履歴の記録などに関するメニュー

Word2016のタブ一覧
Word2016のタブ一覧
  1. ホームタブ:ホームタブ:文字書式、段落書式など基本的なメニュー
  2. [新]挿入タブ:表、グラフの挿入、図形などのオブジェクト挿入に関するメニュー
  3. [新]デザインタブ:文書のテーマ設定、組み込みテーマの変更、ページ罫線などに関するメニュー
  4. レイアウトタブ:印刷の向きやサイズ、余白の設定、インデントなどに関するメニュー
  5. [新]参照設定タブ:目次の挿入、脚注の挿入、引用文献などに関するメニュー
  6. [新]差し込み文書タブ:ラベルの作成、差し込み印刷機能、差し込みフィールドの挿入などに関するメニュー
  7. 校閲タブ:スペルチェックと文章校正、コメントの挿入/削除、変更履歴の記録などに関するメニュー
  8. [新]表示タブ:印刷レイアウト、ズーム、ウィンドウの分割に関するメニュー
※[新]は、Excel2016から新たに追加された(統合された)タブです。

Word2016から追加された新機能


従来のWindows版にはあった差し込み印刷機能、複数のユーザーが同時編集できるリアルタイム入力機能、OneDriveへの統合などがあります。

Word2016の新機能についての詳細はこちらの記事をごらんください。

AUTHOR著者情報

富田一年(Tomita Kazutoshi)株式会社アイクラウド代表取締役

大学卒業後、大学生向けにコンピュータ、資格関連などの教育に従事。
その後、企業向けの研修講師、企業内のウェブマーケティング/制作責任者、ECサイト運営責任者を経て独立。

■2011年 株式会社アイクラウドを設立。
「コンピュータとインターネットをすべてのひとが利活用できる生活を」経営理念とし、Web解析や企業向けの教育ビジネスを展開。

富田一年(Tomita Kazutoshi)の投稿一覧を見る
富田一年(Tomita Kazutoshi)

RELATED関連記事

Word2016のショートカット一覧:基本操作編

Word2016のショートカット一覧:基本操作編

9793 views

Word2016カテゴリ一覧

PICK UPおすすめ記事

RECENT新着記事